温野菜の音声公開によるブラックバイト問題が教える3つのデメリットとは?

fさあindex

 

ラックアルバイトという言葉をご存知でしょうか?

 

今回は話題になっているしゃぶしゃぶ食べ放題で有名な
「温野菜」のブラックバイト問題を考えていきます。

 

そもそもブラックバイトとは?

 

C789_kangaerusarari-man500-thumb-754x500-2441-556x368

 

ブラック企業という言葉は今ではすっかり世の中にも普及しており
テレビでも当たり前に使われる様になりましたね。

 

ところが今ではブラック企業以外に「ブラックアルバイト」という
言葉まであるようです。

 

ブラックバイトとは学生アルバイトに試験期間中でもお構いなしに
半強制的に長時間シフトを組むと共に正社員同様の過酷なノルマを
求めるなどともはやアルバイトとは言えないレベルを指します。

 

温野菜の音声公開によるブラックバイトの実態とは?

 

cc-library010009054

 

「しゃぶしゃぶ温野菜」ブラックバイトの実態:

 

この動画は温野菜でアルバイトとして働いていた学生が実際に店長からの
電話音声を録音したものです。

 

正直、この音声を聞いてぞっとしましたね。

 

まだ社会経験の乏しい高校生や大学生が動画にあるような恫喝を受ければ
将来に影響も残りかねないのにどうしてこんな事が出来るのかわかりません。

 

ブラックバイトの3つのデメリットとは?

 

jyosei0101001

 

1:長時間・連続勤務

 

昨年末から勤務日数が増加し、今年の1~3月は、月に2~4日程度の休みとなり、
今年の4月12日~8月11日までの間は4ヶ月連続で1日も休まず勤務しています。

休職直前の数ヶ月間は、13時過ぎに出勤して26時近くまで働いており、
約12時間勤務していました。

 

(参考:ブラックバイトユニオンblog

 

これはすさまじいですね・・・・・

 

「4月12日~8月11日までの間は4ヶ月連続で1日も休まず勤務しています」
の部分は明らかに常軌を逸しています。

 

僕も学生時代にコンビ二・スーパー・工場などのいくつものアルバイト勤務を
経験しましたがこんな労働条件で働いているアルバイトを見た事がありません。

 

この様な労働条件では学生の本分である学業に支障が出るのも当たり前であり
お小遣い稼ぎの為のアルバイトのはずが単位を落として留年をしてしまう事で
稼ぐ金額以上に学費がかかってしまい経済的にも大きな損をします。

 

2:自腹購入の強制

 

今年の4月頃より、食べ放題10人前で3万数千円などの自腹購入を強いられました。

(参考:ブラックバイトユニオンblog

 

これはコンビ二などでも精算の時にレジ誤差が発生した場合はアルバイトが自腹を
払うように契約段階で求めてくるお店がありますね。

 

しかし本来、業務中に発生した損失金はあなたに明らかに悪意がある場合を除けば
お店側が請求する事は法律的に無理なんです。

 

詳細はこちらの「レジでの違算金をアルバイトが負担する必要はある?」を参考に!

 

これは雇用する側が知っていなければならない事なんですが特にオーナー店等は
経営者が法律に疎い為に当たり前の様に求めてきます。

 

ですが先ほども話しましたが支払う責任はありません!

 

多くの学生にとってアルバイトはお小遣い稼ぎの為にしているのにこれでは時間を
浪費してしまいます。

 

3:退職を阻止する

 

これまで二回にわたって退職を申し出ましたが、「辞めるなら懲戒解雇にするよ。
懲戒解雇になったら就職できないよ。」と店長から言われたり、
胸倉を掴まれたりしたため、辞められませんでした。

 

また、会社が数千万円の損害賠償の請求を用意しているなどと脅されたため、
その後も退職を阻まれました。

 

さらに、休 職を申し出た前日の深夜、帰宅途中に店長から「今から家に行くからな。
殺してやる。」という脅迫電話がありました。

 

(参考:ブラックバイトユニオンblog

 

今回の温野菜の一番の問題はこの「退職阻止」だと考えています。

 

特に「休 職を申し出た前日の深夜、帰宅途中に店長から「今から家に行くからな。
殺してやる。」という脅迫電話がありました。」
の部分は絶対に許されません。

 

まともな経営者・管理職ならばアルバイトが辞める事は仕方ないものだと考えますし
「辞めない様にするにはどうすればいいのか?」と労働環境の改善に取り組みます。

 

それが「今から家に行くからな。殺してやる。」と脅迫を受ければ学生アルバイトが
どういう気持ちになるかも普通に考えればわかるはずですよ。

 

今までに紹介した様な労働環境で働いている学生は身体的にも精神的にも健康障害
生じて人によっては「うつ状態」になってしまったケースも報告されています。

 

ブラックバイト対策とは?

 

fdさindex

 

もしあなたが働いている職場がブラックバイトだった場合の対策手段はなんでしょうか?

 

僕は一番の対策はアルバイトを辞める事だと考えています。

 

はっきり言ってアルバイトなんかいくらでも求人はあるわけですし学生の場合はお小遣いの為に
働いている人が多いと思うのでそこまで無理をする必要はありません。

 

あとは自分で稼いでしまうという手段もあります。

 

僕は学生時代に合計6つのアルバイトをしてきましたが「お金を稼ぐ」という視点で見てみると
アルバイトはあまり効率がいいとは思えません。

 

そこで当時、偶然知ったネットビジネスに挑戦したところ最終的には一ヶ月に5時間の作業でも
月収16万円以上を稼ぎました。

 

その後、就職してからネットビジネスで月収50万円を稼ぐ事が出来ましたがこれは学生時代の
経験を活かしたものであり、ネットビジネスを選んで良かったと今も思います。

 

なので僕はアルバイトよりもネットビジネスをする事をおすすめしています!

 

まとめ

 

今は正社員だけでなくてアルバイトにまで過酷な労働環境を求めるという事に驚きましたね。

 

幸い、僕の経験してきたアルバイトはブラックと呼べる程の労働環境ではありませんでしたが
社会経験がない若い人の場合はお店の都合がいい様に搾取されてしまう可能性もあります。

 

ぜひこの問題をきっかけにブラックアルバイトの被害に遭う人がいなくなればいいと思います。