ブラック企業就職偏差値ランキング2015の大賞予想が教える教訓とは?

うぇwimages

 

ラック企業就職偏差値ランキング」というものをご存知でしょうか?

 

労働法及び法令を明らかに無視して従業員に低賃金長時間労働を求める
ブラック企業を元従業員の意見などを参考に選定されるランキングをいいます。

 

そんなブラック企業ランキングの中でも特に注目される企業を毎年、秋頃には
「ブラック企業大賞」として選んでおり、今回は2015年を参考に考えてみます。

 

2015年卒用ブラック企業就職ランキングとは?

 

wysiwyg_gmd_38f2cf451c3c97d5fbb4

 

まずは2015年卒用のブラック企業就職ランキングを見てみましょう。

 

殿堂 東京電力 原子力安全保安院

[80] 東芝 大庄 大王製紙 オリンパス

[75] モンテローザ ワタミ ゼンショー IEグループ(光通信・ファーストチャージ・ニュートン・セプテーニ等) 東京コンピューターサービス[TCS]

[74] オンテックス 先物取引[外為証拠金取引]業界 浄水器販売会社(OSGコーポレーション等) 佐川急便 サニックス アドバン テージ
[73] SEL&MST SMG 大創産業 中央出版系列(大成社・ELBEC等) 丸八真綿 ファイブフォックス[コムサ] 人財開発[東京コンサルティンググループ] ジャステック
[72] 大塚商会 アビバ パチンコ業界 ウィルプラウド ベンチャーセーフネット[VSN] フォーラムエンジニアリング 消費者金融 セブンイレブン TV番組制作会社 零細出版社 編集プロダクション アドービジネス 大東建託 東建コーポレーション
[71] 楽天 リクシル(旧トステム) 再春館製薬所 外食産業(モンテ別格) ソフトバンクBB(販売職) アルプス技研 富士火災 フルキャスト 毎日コミュニケーションズ 富士ソフト[FSI]
[70] 証券リテール営業 アールビバン ジェムケリー 家電小売業界(ヤマダ等) 引越業界(サカイ等) セントラル警備保障[CSP] 綜合警備保障[ALSOK] MKタクシー 船井電機

[69] JTB 生保営業 大正製薬 レオパレス 大和冷機工業 着物販売会社 トランスコスモス 人材派遣・業務請負業界(アドバンテージ・フルキャ別格) 日本電産
[68] 宝飾業界(ジェムケリー別格) アパレル販売(外資除外) 小売[流通]コンビニ業界(大創産業・セブン・家電小売業界別格) ソフトウエア興業 オービックBC コア 陸運業界(ヤマト・日通等/佐川別格)
[67] メイテック[MEITEC] 自動車販売会社(ネッツトヨタ等) OA系販売会社 HIS 富士薬品 伯東 ニチコン
[66] マンションデベロッパー(不動産販売系)
[65] 旅行代理店(HIS別格) 日本食研 USEN 伊藤園 メノガイア セコム[SECOM]

[64] 早稲田アカデミ- ベンディング会社 テレウエイブ SBR TOKAI(ザ・トーカイ) インテリジェンス エンジャパン
[63] サイバーエージェント 印刷業界(最大手含む) SE(下流・下請・独立) FIT産業
[62] OTC-MR 受験産業(塾・予備校・通信教育等/中央出版系列・早稲アカ別格) MR(中堅以下) 日本ハム
[61] 京セラ ローム 丸井 住宅販売会社(積水ハウス・大和ハウス工業等) 交通バス業界
[60] 東京エレクトロン ノエビア ホテル業界 下位リース業界

 

(参考:ブラック企業(2015卒用)ランキング

 

最近ではテレビ等でも「ブラック企業」という言葉を割と使っているので
ここに書かれている企業名を聞いた事もあるかもしれませんね。

 

ちなみに個人的にはブラック企業と聞くと特に飲食業界に多い気がします。

 

僕も学生時代には某ファミレスでアルバイトをしていましたが、とにかく
客回転が早くて忙しかったですね^^:

 

2014年のブラック企業大賞はどこ?

 

150711389552-thumb-815xauto-19204

 

昨年に行なわれた「ブラック企業大賞2014 ノミネート発表」では
「ヤマダ電機」
が大賞として選ばれました。

 

「ブラック企業大賞2014 ノミネート発表」の動画:

 

ヤマダ電機が選ばれた理由としては23歳の社員が過労死した件があります。

 

この23歳の男性は業界未経験にも関わらず、いきなりフロア長に抜擢されて
一ヶ月に
最低106時間21分の時間外労働という長時間勤務をしていたそうです。

 

さらに出勤時刻は打刻させるものの退勤時刻は打刻させなかったと記載があり
残業代も充分に支給されていなかった可能性が高いです。

 

この話を聞いて正直、にわかには信じられませんでしたね。

 

まず23歳の未経験社員をいきなりフロア長にする事がヤマダ電機程の企業で
行なわれていた事が不思議でした。

 

これはフロア長という管理職扱いをする事で残業代を支払わずに済ませる為の
名目上の管理職に過ぎないのではないかと思ってしまいますね。

 

2015年の大賞予想はどこ?

 

a0001_001642_m

 

そんなブラック企業ランキングの2015年度大賞はどこが最有力でしょう?

 

僕が特に気になった企業は今年から導入されたブラック企業公表法の第一号
選ばれた「ABCマート」ですね。

 

ABCマート原宿店では労使協定で定めた79時間を上回る100時間前後の
月間時間外労働を行なわせた事が今年は話題になりましたね。

 

あとは最近、話題になっている「温野菜」もここにきて大賞候補になりました。

 

温野菜のブラックアルバイト問題は高い関心を集めており、このブログ中でも
先日公表した関連記事にアクセスが集まっていますね^^;

 

「温野菜のブラックアルバイト問題」の記事はこちらから。

 

ブラック企業ランキング大賞予想企業が教える教訓とは?

 

e7cf54931cc897716b3b6bedc93e1bdf

 

ブラック企業の特徴としては以下の基準が参考視されています。

 

1位 社員がどんどん辞めていく 100
2位 売上が悪いと、自腹を切らされる 73.7
3位 ネットで批判や悪い噂が多く書き込まれている 67.5
4位 常に採用活動をしている 62
5位 残業した後にタイムカードを切らせてくれない 59.3
6位 残業がやたら多い 56.6
7位 休日出勤をしても代休がない 54.4
8位 自社の製品を強制的に買わせようとする 53.2
9位 退職金制度がない 51.5
10位 有給休暇を消費している社員を見たことがない 50.5
11位 辞める社員に離職票をなかなか渡そうとしない 49.8
12位 トイレが汚い 48.9
13位 備品は自費負担 48.7
14位 お金が合わないと給料から引かれる 46.4
15位 シフトに書いてある勤務時間は当てにならない 45.5
16位 出社時間が始業時間の1時間以上前 41.1
17位 同僚の会話の話題が、ギャンブル、男女関係、酒しかない 40.9
18位 社内で社員同士の告げ口が蔓延 40.6
19位 社長の周りはイエスマンばかり 40.1
20位 会社のPCに入っているソフトがどうみても正規品じゃない 37.7
21位 社長室のインテリアだけが異常に豪華 37.4
22位 ランチミーティングの名目で、昼休み中も仕事 36.9
23位 会社理念に、精神論が多い 36
24位 タイムカードがない 35
25位 寝袋が支給される 34.4
26位 新人社員の割合が異常に高い 34.3
27位 上司がやたら怖い 31.7
28位 分煙になっていない 31.1
29位 深夜まで会社の灯りがついている 29
29位 契約社員の割合が異常に高い 29
31位 家族経営をしている 26.2
32位 女子社員のルックスがみんな社長の好み 25.2
33位 会社のテーマソングが一日中流れている 25.1
34位 社長の自費出版本が配られる 24.1
35位 若手社員がやたら年収一千万円を目指す 20
36位 社員のTwitterやFacebookのアカウントを調べている 19.6
37位 女子社員の制服のスカートが短い 16.1
38位 自虐ネタが蔓延している 15.8
39位 事務所がレンタルオフィス 13.7
40位 社内に毛筆で書かれた目標がはってある 13.4

 

(参考:ブラック企業ランキング

 

多くのブラック企業企業は上記の要素をほとんど兼ね揃えている
会社であり、はっきり言ってまともに働く場所ではありません。

 

そしてここから学ぶ教訓とは「長く働ける場所ではない」事です。

 

ブラック企業の共通点に「常に募集をしている」というものがあり
結局、会社としても人が辞める前提で働かせているんですね・・・・

 

「ブラック会社なんか辞めればいい!」と言われていますけれど
経済的問題から実際には簡単に辞める事が難しいです。

 

らばどうするか?

 

僕はその答えは「会社に頼らず個人で稼げる力を身につける」だと
考えています。

 

結局、会社に給料をもらう以上は会社の言う事に逆らえませんよね。

 

それなら個人でお金を稼いで会社に生殺与奪権を与えない事こそが
ブラック企業から抜け出す手段ではないでしょうか。

 

ちなみに転職という手段もありますが転職先がまたブラックの可能性も
否定出来ないので僕は個人で稼ぐ方が賢明だと考えています。

 

そしてもしもあなたが個人で稼ぐ選択する場合には初期費用がほとんど
不要なネットビジネスから始めてみる事をおすすめしています。

 

ネットビジネスならいきなり会社を辞めなくても副業として始めてみて
結果が出てから進退を考える事も出来ますからね!

 

まとめ

 

ブラック企業に1度入社すると日々の生活の為になかなか会社を
辞める決断も出来なくなると思います。

 

ですがこの問題を解決する為にはやはり最後は「会社を辞める」
という選択しかないのではないでしょうか。

 

その時に経済的に困らない様に今から準備出来るといいですね!