ワードプレス・wordpressブログの表示を簡単に高速化する方法

fsだqindex

 

ログが重い・・・・・」

 

以前より当ブログの表示速度には疑問を持っていたのですけど
なかなか手をつけられずにいました。

 

しかし先日、ブログのネタ探しをしていると「Googleはブログ
表示速度を検索順位を決める重要な要素であると考えている」
という情報が目にとまり、急遽高速化する必要に迫られました。

 

サイトのパフォーマンスを監視して、読み込み時間を最適化します。Google の目標は、最も関連性の高い検索結果と優れた利便性をユーザーに提供することです。表示が速いサイトは、ユーザーの満足度を高め、ウェブ全体の質を向上さ せます(特にインターネット接続速度が遅い場合)。そのため、Google では、ウェブマスターがサイトを改善することで、ウェブ全体の速度が上がることを期待しています。

google「ウェブマスター向けガイドライン」より引用)

 

そこで今回は各ブログで紹介されている方法で本当にブログが
高速表示されるのかを当ブログを使って実践してみました。

 

ちなみに僕が高速化する前の評価がこちら。

 

fdsafa

 

fsfafa

 

「あー。これは笑えねぇ・・・・・」と放置していた事を後悔しましたね^^;

 

そして高速化した後の評価がこちら。

 

fsdafadfafa

 

eaaea

 

まだまだ改善点はありますが3時間ほどでここまで改善出来たのには驚きましたね。

 

実体験としてもブログの表示速度も以前より明らかに速くなったのがわかります!

 

まずは現在のブログの表示速度を確認しよう

 

150701timing_chores-thumb-640x358-88278

 

まず最初に確認する事は現在のブログの表示速度です。

 

そこで今回は3つのサイトを利用しました。

 

1:サイト表示スピード測定 | サーバレスポンス時間測定

 

url:http://site-speed.podzone.net/

 

ここはブログのurlを入力して「測定開始」ボタンを押すだけで
簡単に現在の表示速度を確認する事が出来ます。

 

ただし注意点には「1時間に1回しか使用は出来ない」とあり
連続使用は出来ません。

 

2:GT Metrics

 

url:https://gtmetrix.com/

 

こちらもurlを入力して「Analyze」ボタンを押すだけで確認が出来ます。

 

ここのサイトでは「Performance Scores」「Page Details」とブログの
状態を分かりやすく表示してくれます。

 

3:PageSpeed Insights

 

url:https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

 

こちらも使い方は今まで同様にurlを入力して「分析」をクリックするだけです。

 

実はここはgoogleが提供しているサイトであり「モバイル」「PC」それぞれ
評価を100点満点で評価してくれます。

 

分析時間も「GT Metrics」より短いので高速化に挑戦してみた後にちょくちょく
結果を見るならこちらがいいですね。

 

僕が実践してみた高速化とは?

 

150201undecidable_tasks-thumb-640x360-83758

 

ワードプレスブログの高速化を詳しく話すと「css」「キャッシュ」の話が出てきますが
ネットビジネスをしている人の中には「css」等がよくわからないけれどもブログ運営を
している人もいます。

 

そこで今回はそういった事はなしにして「知識0でもとにかく高速化プラグイン導入だけで
ブログを高速化させたい!」をという考えで目標達成を目指します。

 

ここからは僕が実際に高速化の為に導入したプラグインを紹介していきますね。

 

1:EWWW Image Optimizer

 

ダウンロードurl:Ewww Image Optimizer

 

このプラグインでは「画像圧縮」を行う事でブログの表示速度を高速化します。

 

参考記事:「NETAONE様「EWWW Image Optimizer – 画像を最適化&軽量化できるWordPressプラグイン」」

 

注意点としては「wpXレンタルサーバー」では利用出来ないという事ですので
最初に確認をしておきましょう。

 

当ブログは「Xサーバー」を利用していますが特に問題はありませんでした。

 

2:Lazy Load

 

このプラグインでは画像表示領域内のみ表示させる事が出来ます。

 

つまり今、見ている範囲の画像しか表示されずに表示画面以外の
画像を読みこまない事で表示速度を上げます。

 

3:W3 Total Cache

 

このプラグインではサイト表示速度を高速化する為のキャッシュや
サーバー設定を簡単に行う事が出来ます。

 

参考記事:「バズ部様「W3 Total Cache のおすすめの設定方法」」

 

参考記事の設定どおりにする事でプラグイン導入をただするだけより
測定結果が改善されたので利用時はぜひ設定もしてみて下さい。

 

4:Xサーバー・wpxサーバー

 

プラグインではないのですがブログを高速化する為に重要な要素として
利用しているサーバーも挙げられています。

 

Xサーバーは多くの有名ブロガーにも愛用されており、僕も今まで特に
問題を起こさずに運営出来ているのでおすすめをします。

 

ただし最近ではワードプレス専用サーバーの「wpxサーバー」の方が
「今以上に高速化が出来るのでは?」と思っているのでこれから新たに
始めるなら「wpx」の方がいいかもしれませんね。

 

Xサーバーはこちらから。

 

wpxサーバーはこちらから。

 

まとめ

 

実際に高速化を行なってみて「ワードプレスブログの高速化は今後の
ブログ運営で必須!」といわれている理由が少しわかりました。

 

しかしネットビジネスを始めたばかりの人にとっては高速化と聞くと
「css」などの専門的知識が必要だと思って敬遠したくなりますよね。

 

今回、紹介した方法は実際に僕が行なった「全くの専門的知識0でも
出来る位に簡単な高速化方法」なのでまずはここに書いてある事だけ
やってみてより良いブログを作ってみてください!