とにかく儲かる仕事ランキングBEST20とは何なのか?[男性・女性]

150807_profitable-business1

 

然ですがあなたの仕事は儲かる職業ですか?

 

今回は会社員として働いている多くの人が気になるであろう
この疑問について一緒に考えていきたいと思います。

 

儲かる仕事ランキングTOP20[男性]

 

C812_sonoteianwo500

 

まずは儲かる仕事ランキングの男性編から見ていきましょう。

 

今回、参考にするデータは 「平成15年 賃金構造基本統計調査」です。

 

1位:航空機操縦士 平均年収:1485万円
2位:大学教授 平均年収:1303万円
3位:航空機客室乗務員平均年収:1153万円
4位:大学助教授 平均年収:1036万円
5位:医師 平均年収:967万円
6位:高等学校教員 平均年収:954万円
7位:記者 平均年収:933万円
8位:各種学校・専修学校教員 平均年収:844万円
9位:一級建築士 平均年収:723万円
10位:自然科学系研究者平均年収:697万円
11位:システム・エンジニア平均年収:696万円
12位:歯科技工士平均年収:676万円
13位:金属塗装工平均年収:645万円
14位:幼稚園教諭平均年収:638万円
15位:金属プレス工平均年収:638万円
16位:ボール盤工平均年収:635万円
17位:薬剤師 平均年収:634万円
18位:電車運転士 平均年収:631万円
19位:臨床検査技師 平均年収629万円
20位:診療放射線・診療エックス線技師 平均年収:625万円

 

(参考記事:「貧乏父さん.com様「職業別の年収ランキング(男性編)」」

 

いかがでしょうか。1位は航空機操縦士の平均年収1485万円でした。

 

また2位以下も「大学教授」「医師」「記者」などの世間一般で稼いでいる
イメージがある職業が続いています。

 

いずれの職業も資格や能力を極めて問われる仕事の為になるまでには
多くの時間とお金を投資する必要がある為にこの金額が妥当なんでしょうね。

 

また、6位と8位の「高等学校教員」「各種学校・専修学校教員」の2つは
個人的には少し意外でした。

 

高等学校の教員というと平日は授業の準備に追われて土日もほとんど無給で
部活の顧問として登校しなければならず給料と仕事が割りに合わないという
イメージを持っていました。

 

ただし高等学校の教員には「公立学校」と「私立学校」では教員の待遇も
段違いだと聞いており、このデータはあくまで平成15年度で今と比べて
異なる点も大きくある可能性がありますね。

 

儲かる仕事ランキングTOP20[女性]

 

Fotolia_42974805_Subscription_Monthly_M-e1421748391797

 

続いて儲かる仕事ランキングの女性編を見ていきましょう。

 

1位:大学教授 平均年収:1026万円
2位:大学助教授 平均年収:874万円
3位:高等学校教員 平均年収:835万円
4位:医師 平均年収:777万円
5位:記者 平均年収:774万円
6位:各種学校・専修学校教員 平均年収:651万円
7位:航空機客室乗務員 平均年収:635万円
8位:臨床検査技師 平均年収:573万円
9位:自然科学系研究者 平均年収:571万円
10位:システム・エンジニア 平均年収:564万円
11位:一級建築士 平均年収:543万円
12位:歯科技工士 平均年収:529万円
13位:看護師 平均年収:511万円
14位:薬剤師 平均年収:510万円
15位:製紙工 平均年収:490万円
16位:准看護師 平均年収:487万円
17位:ガラス製品工 平均年収:478万円
18位:診療放射線・診療エックス線技師 平均年収477万円
19位:型鍛造工 平均年収:471万円
20位:自動車整備工 平気年収:466万円

 

(参考記事:「貧乏父さん.com様「職業別の年収ランキング(女性編)」」

 

という事で儲かる仕事ランキングの女性編でしたが上位の職業は男性編と
同じ職業
がいくつか見られますね。

 

しかし同じ仕事でも男性と女性では明らかに平均年収に大きな開きがあり
男性編では上位20位の仕事が全て500万円以上なのに比べて女性編は
500万円を割っています。

 

ただし男性編でも述べましたがあくまでこのデータは平成15年度であり
平成27年の現在がこの通りに一致するとは思えません。

 

最近では女性の社会進出を国として推奨しており、以前に比べて女性の
管理職もかなりの数が増えていますからね。

 

また今は男性も平成15年と比べて全体的に年収が落ち込んでいるので
男性と女性の差は縮小傾向にあると考えています。

 

 

ころでふと思うのですがここに紹介されている仕事に就いてない人は
年収1000万円以上を稼ぐ事は無理なんでしょうか。

 

残念ながら僕が現在、会社員として働いている仕事はここにありません。

 

なのでこのデータを参考にする限りでは僕は年収1000万円以上稼ぐのは
極めて困難だという事になりますね。

 

学生時代の僕はその事に気づいて最低限の生活費以上を望みませんでした。

 

すが今は違います。

 

その後の僕はネットビジネスによって会社以外でもお金を稼ぐ方法を学んで
個人の力次第でいくらでも稼げる世界がある事を知りました。

 

もしも僕と同じ様に自分が望む仕事に就けないで将来に不安を感じてる人は
僕のメルマガで具体的なネットで稼ぐ方法を無料で紹介していますのでぜひ
ご覧になってくださいね。

 

まとめ

 

お金は仕事をする上で本当に重要な基準だと思います。

 

もしも今の仕事で経済的に不安がある場合はリスクなしで始められる副業を
おすすめします!