28歳のアラサー会社員が転職よりも脱サラをおすすめする2つの理由

dsdsds_1098-238

「仕事を変えるなら今しかない!」

先日、僕の中学時代からの友人であるSくんが
転職したという事でお祝いをしてきました。

今回はそんなSくんの転職祝いのときに
思ったことを書いていきます。

 

転職するなら30歳まで?

僕は現在、28歳のいわゆる「アラサー」世代なんですが
友人の中には、ちょくちょく転職をしている人もいるそうです。

そしてそんな彼らが言うのが

「転職するなら30までに決めたほうがいいぞ」

ということでした。

僕は今までに転職活動というものはした事がなく
実際に体験をしてきた彼らだからこそ言えることなんでしょう。

そしてそれはネットでも少し調べてみると

「転職は30まで」
「30超えたら諦めろ」

などと少し調べてみたら、嫌でも目にしますよね。

これはやはりどこの会社でも
若くて優秀な将来の幹部候補となる人材を
欲しがっている事からも正しいんだと思います。

なので、もしも今の僕が本気で
転職活動をするとしたら
今すぐにでも開始しないとまずいですね。

しかし、僕は今のところは転職活動を
するつもりは全くありません。

なぜなら、転職よりも脱サラのほうが
はるかに魅力的だと思っているからです。

転職活動よりも脱サラをおすすめする3つの理由

1:転職を失敗しないから

「転職失敗した・・・・」

転職で一番、怖いのって
この転職失敗ですよね。

よくある転職失敗例としては、

・前の会社よりも条件が悪くなった
(給料・労働条件などなど)

・思っていた仕事・会社と違った

などがあると思いますが
いずれもどんなに事前準備をしても
やっぱり入社しないと分からないです。

しかも、1度転職をしてしまうと
余程のスキルでもない限りは
また別の会社に転職するのに時間がかかるかもしれません。

こうなると今まで以上に
働く事が嫌になってしまって
最悪、身体を壊して仕事を辞めてしまうことも
充分にありえます。

2:そもそも会社員が嫌だから

どんなにホワイトや優良企業と呼ばれる会社でも
その多くは、

・決まった時間
・決まった場所
・決まった人々

と働く必要があると思います。

フレックス制とかもありますが
会社員である以上は、どうしても会社に
時間とお給料を決められてしまいます。

世の中の一部の人たちの中には
ある程度、管理をされる事を好む人たちがいるそうですが
僕は基本的には管理されるのが嫌な人間です。

学生時代にも
自分が合わないと思う人たちのグループには
無理して所属するよりも1人でいた方が気楽でしたしね(笑)

なので、転職というのは結局、

会社員→会社員

である枠組みである以上
個人的にはあまり魅力を感じないんだと思います。

ですが、

「じゃあ、今すぐ脱サラした方がいいんですか?」

と言われたら、「NO」と答えます。

やはり脱サラをするとなると
会社員のように安定したお給料を手放す事になり
最悪の場合は、収入が0になってしまうこともありえますからね。

それならどうするか?

僕は理想を言えば
会社員として働きながら副業として始めていくこと
をおすすめしています。

これなら、今まで通りに会社員としても働いて
お給料をもらえるのですぐに干からびることもありません。

そして、副業ビジネスを少しずつ大きくして
ある程度の規模になったところで
会社員でやれることをやった後に脱サラをすれば
そのリスクもかなり抑えられるはずです。

これは既に脱サラをしていて
今も稼ぎ続けている人から
直接、聞いたことであり
僕も同じように考えています。

このブログでは、リスクなしで会社員として
働きながらでも出来るブログで稼ぐ副業を
提案していますので、ここまで読んでみて
面白そうだと思ったら
下のレポートプレゼントリンクを見てみてください。

ちなみに冒頭で出てきたSくんは
新しい会社で順調に毎日を送れているようなので
ボーナスが出たら、一杯くらいおごってもらう予定です(笑)