20・30代サラリーマンのお小遣いの平均相場に泣いた!副業で稼ぐしかないでしょ!

_1098-431

「泣いた・・・・」

突然ですが、あなたは

「サラリーマンのお小遣いの平均相場」

ってご存知ですか?

先日、友達と飲みに行ったときに
出てきた話題だったんですが
果たして自分が

「相場より上か下なのか」

が気になったので
今回、まとめてみました。

まずは、各世代の最新の小遣い事情から!

男性:

全体:37642円
20代:38165円
30代:37696円

女性:

全体:34468円
20代:35915円
30代:36085円

参考:新生銀行 2015年 サラリーマンのお小遣い調査詳細レポート

となっており
40・50代では、昨年より4000円以上を下回るも
20・30代では、ほぼ横ばいの結果となっており
世代間差が縮まったみたいです。

ちなみに、男性に限ったことでいうと
男性全体のお小遣い額は、1979年以来の調査結果で
過去2番目に低い数字でなんとバブル期の半分程度だとか・・・・

他にも「ライフステージ」によって
お小遣い額も変化があり、

全体:37642円
未婚:43573円
共働き・子供なし:41962円
共働き・子供あり:31620円

とやはり未婚が一番、使える金額が大きいとは思っていましたが
共働き・子供なしでもあまり差はないのは少し意外でした。

結婚をするとなると
将来の子育てを見据えて貯金をする必要から
あまり使えないものだと思っていましたからね。

サラリーマンのお小遣いの使い道とは?

さて、そんな限られたお小遣いを
サラリーマンはどんなことに使っているのでしょうか?

調べてみた所、

男性:

昼食代:51.4%
飲み代:34.8%
趣味:32.3%
携帯電話代:31.8%
嗜好品代:30.3%

女性:

身だしなみ費用:59.5%
携帯電話代:52.8%
ファッション費用:52.1%
昼食代:48.3%
喫茶代:32.3%

1つ驚いたのが
昼食代と携帯電話代が込みで
先ほどのお小遣い額なんですね・・・・

学生のときも確かに込みこみでしたが
社会人になった後も同じだと辛いところです。

理想のお小遣い額っていくらなの?

いまさらですが
世間の月々のお小遣い金額って
どうやって決められているんでしょうか?

僕みたいな独身男性サラリーマンの場合は
毎月の月収から最初に家賃などの固定費を除いてから
残りの金額のいくらかをざっくりお小遣いとしています。

しかしどうやら、既婚男性の場合は
世帯収入の8~10%程度をお小遣いにするのが
多いようですね。

なので、

手取り20万円・・・・お小遣い2万円
手取り30万円・・・・お小遣い3万円

という感じです。

今のお小遣いに不満ならどうするか?

ここまで最新のサラリーマンお小遣い事情を
話してきましたが、ぶっちゃけこの金額はきつくないですか?

正直、僕は毎月3万円とかのお小遣いで
やりくりするとしたら凄くストレスを感じます。

そして、最近の調査では
男性会社員の17.8%がなんらかの副業をしており
一ヶ月あたり平均32470円を稼いでいます。

もともとのお小遣いに副収入を合わせて6万円程度あれば
なんとかストレスを減らすことができそうですね。

副業の種類としては、

・ポイント、アンケートサイト
・株式投資
・アルバイト
・FX等
・ネットオークション
・ギャンブル
・不動産投資
・ブログ、HPの開設の広告収入

となっており、「ポイント、アンケートサイト」が50%以上で
「ブログ、HPの開設の広告収入」については
わずか4.3%しかいないそうです。

ちなみに僕はこの「ブログ、HPの開設の広告収入」で
一ヶ月に数時間程度の作業で
毎月、10万円以上の副収入を得ていました。

よく「アフィリエイトは飽和した!」と言われますが
実際にはまだ4.3%程度しかライバルがおらず
まだまだチャンスがあります。

このブログでは、会社員として働きながらでも
最短、最速で結果を出すブログで稼ぐ方法を紹介していますので
よければ1度、下のレポードダウンロードリンクボタンをクリックしてみて下さい。