社会不適合者は就活で病気になる?自分に合った職業の仕事はいくらでもあるよ!

_1098-295

「大丈夫!俺もなんとかなってるから!」

先日、投稿した

「社会不適合者の特徴がわかる13のポイントとは?」
(記事はここをクリックすれば見れます)

という記事の続編について
チェック項目に7個引っかかった僕が書いていきます。

就活で病気になる?

「社会不適合者」という言葉をご存知でしょうか?

言葉の意味は、そのまま

「社会に適することができない人間」

を指します。

一般的に多くの人たちは
学校を卒業すると企業に就職して会社員として
理不尽だと思いつつも社会に迎合した働き方をします。

社会不適合者と呼ばれる人たちは
その「社会のルール」にどうしても迎合ができません。

その結果、周囲とトラブルを起こして会社にいられず
ニートになってしまうことが多いといわれています。

そして、そんな人間が就職活動をするとなると

・周囲の人間と同一の黒スーツ、黒髪
・決まりきった履歴書の書き方
・面接の受け答えテンプレート

などの社会から求められる人間を演じる活動をしたら
物凄いストレスを感じて、病気になってしまう人がでてくるのも
たしかに頷けますよね。

ただでさえ就職活動のときって
1つめの内定が出るまでは、不安と焦りが半端ないのに
そのうえでさらにストレスを感じてたら病気にもなるでしょう。

ちなみに社会不適合者診断で7個のチェックがあった僕ですら
1つ目の内定がもらえるまでは
不安で、飯が食えなくて、夜もなかなか眠ることができなかったので
これ以上のストレスを感じるなんて想像もできません。

自分に合った職業の仕事はいくらでもあるよ!

社会不適合者の人たちは
なんとか就職できても周囲とのトラブルから
組織で長く働くことができず、ニートになりがちだとよくいわれます。

しかし、僕はそれは特に問題はないと思います。

なぜなら、今の時代には、無理して組織で働かなくても
個人で稼げる環境を誰もが手にしているからです。

これが今から30年ほど前の時代で
まだPCが普及していなかったら
残念ながら嫌な思いをしてでも組織で働くことしか
ほとんど選択肢はなかったでしょう。

その時代に自分で起業をする場合には、
「施設費」「人件費」「仕入れ費用」
などと初期投資の段階で数百万円は必要になりますからね。

でも、ネットならやり方によっては
初期投資がほぼ0でも数ヶ月程度で
会社員の給料以上に稼ぐこともできるんです。

正直、お金さえ稼いで自分の面倒を自分で見れれば
他の人から後ろ指をさされることもないと思うので
もしも自分が社会不適合者だと自覚がある場合には
そういった生き方を選択も考えてみてはいかがでしょうか。

このブログでは、会社員として働きながらでも
最短、最速で結果を出すブログで稼ぐ方法を紹介していますので
興味があれば1度、下のレポードダウンロードリンクボタンをクリックしてみて下さい。