自営業の平均年収はぶっちゃけいくら?年商1000万円って実際の手取りはどうなの?

_1098-969

「意外と気になるところです!」

突然ですが、
自営業の人たちの平均年収っていくらくらいだと思いますか?

会社員だと年齢や会社規模で
だいたいの数字がわかりますが
年収が青天井な自営業をしている人たちの
平均年収がいくらくらいなのかを調べてみました。

自営業の平均年収ってぶっちゃけいくら?

最初に自営業の平均年収をざっくりいうと

340万円

とのことです。

ただしこれは、あくまでもざっくりした金額であり
自営業といえども、業界・業種も異なりますし
当然、人によって年収にも大きな差があります。

なので、あなたがこれから自営業を始めたいと思う場合は
まずは、業界・業種を絞り込んでからの方が
より正確な数字を求めることができます。

しかし、仮にそれらを踏まえたうえでも
この340万円という平均年収を聞いてみて
ぶっちゃけどう思いましたか?

おそらく会社員として働いている人たちからしたら
予想よりもはるかに少ない金額だなと思ったでしょう。

少なくとも僕は、

「たったそれだけなの!?」

という印象でしたからね。

この年収なら、まだ会社員として
働き続けたほうがいいんじゃないかと考える人が多いですよね。

年商1000万円って実際の手取りはどうなの?

続いて気になることとして
年商1000万円の実際の手取り金額です。

年商とは、収入ではなくて1年間の総売り上げのこと
ここから様々な経費を抜いたものが手取りになると考えられます。

この年商と手取りについて
ネットに自営業者のコメントとして、

一昨年8万
去年△240万
今年15万でしたよ
年商は900万あるんですが・・・
それ以上の売り上げは見込めないのが現実にわかりました。
今も例年通りの売り上げです。

というものがあり、年商が900万円あっても
実際の手取りは、年で15万円とのことで
年商と手取りにここまでの差があると考えさせられますね。

年商についても、小売業など販売職では
仕入れやアルバイトなどの人件費なども払わないといけず
900万円の年商があっても実際は15万円とかになるんでしょう。

そして、ここまでの話を聞くと、

「やっぱり自営業は会社員よりも大変なんだな・・・・」

と思ってしまうかもしれませんが
会社員もリストラなどを考えれば
決して永久に安泰という訳ではありませんよね。

ならばどうするか?

それは、会社員として働きながら
副業としてまずはスモールビジネスでいいので
自分でお金を稼ぐ力を身につけることです。

要は、収入の柱を1本でなくて複数持つということですね。

こうすることによって、会社員と自営業の収入源を持ち
今まで以上にあなたの収入はより安定します。

そして、副業が本業を超えるようになったら
そのときに改めて選択をすればいいだけですからね。

このブログでは、会社員として働きながらでも
最短、最速で結果を出すブログで稼ぐ方法を紹介していますので
興味があれば1度、下のレポードダウンロードリンクボタンをクリックしてみて下さい。