休日出勤を絶対に拒否する3つの言い訳と理由!土日休みたいなら使ってみて!

_1098-290

「絶対に働きたくない!」

会社員として働いていると
たまに休日出勤を依頼されることってありますよね?

休日出勤をすると割り増しで給料がもらえるものの
お金よりも時間を優先したいときに拒否する為の言い訳を
紹介しますので参考にしてみて下さい。

休日出勤を絶対に拒否する3つの言い訳と理由!

1:家庭の事情

前提として、その後の職場での人間関係を考えると
休日出勤を断る場合には、

「あくまでも正当な理由があるので出勤できない」

ことを踏まえる方がいいでしょう。

そのことを考えると、自分以外の人の理由により断る方法でしたら
会社側もそれ以上はともかく言わないはずです。

そもそも休日は休むのが当たり前なのに
無理を言っているのは会社側なんですからね。

そこで、一番身近な言い訳としては、

・親戚の家に挨拶に行く
・実家に帰る約束をしていた
・親の用事に付き合う予定が入っている
・親族の集まりがある

などの家族を理由にした言い訳です。

会社によっては、家族よりも仕事を優先するべきだという考え方も
あるかもしれませんが、少なくとも個人的な理由を言い訳にするより
正当性が認められやすいので、そこは会社の様子を見ながら使うといいですね。

2:冠婚葬祭

冠婚葬祭を理由にするのはよく使われる定番ですね。

この理由を言っても、出勤を要請してくる会社は
まともな会社ならまずないはずです。

ただし、冠婚葬祭を理由にする場合には

・頻繁には使えない
・冠婚葬祭設定をその後も続ける

という2点を抑えておく必要があります。

冠婚葬祭といえば、普通はそんなに頻繁にあるものでもないですし
休日明けには、内容を聞かれることもありえますので
なんとなくぼかしてもいいので、少しは内容を話せる必要はあるでしょう。

3:料金前払いを利用する

飛行機や新幹線などの交通費や
ホテルの宿泊費やコンサートの前売りチケットなどといった
料金を既に前払いしてしまったことも言い訳として有効です。

そもそも休日に突然、仕事を依頼してくる会社側に非があるのに
その上で前払い料金まで無駄払いにされたのでは
普通は、納得できるわけがありません。

また、会社側としても当然、それらの料金を保証するわけもないですし
余程の理由があって、あなたにしか依頼できない場合を除けば
わざわざあなたに休日出勤は言ってはこないでしょう。

ただし、こちらも冠婚葬祭同様に休日には、外出したという設定を
その後も続ける必要がありますし、ひょっとしたらあなたの代わりにだれかが
休日出勤をした可能性もあるので、あまり休日をエンジョイしたことは
大げさには言わないほうがいいですね。

ここまで休日出勤の断り方について話してきましたが
中には、休日出勤を断ることについて罪悪感を持つ人もいるかもしれません。

しかし、上でも書いてきましたが
そもそも休日出勤という無理を言っているのは会社側であり
むしろ休日にまで働かせようとする方が間違っているという認識で
出勤したくないときには丁重に拒否したほうが精神衛生上いいですよ。

ただし、ここでもあくまで

「正当な理由がある為に、拒否させてもらう」

というスタンスを周囲に示すことは忘れないようにした方がいいですね。

そして今回、紹介した理由を言っても拒否するのが難しそうなら
これは、将来のことを考えても会社に頼らなくてもお金を稼ぐ方法を
今のうちから身につけたほうがいいと思います。

会社に長くいればいる程、会社側も徐々に要求が高まり
気づいたときには、休日出勤が当たり前になってる可能性もありますからね。

このブログでは、会社員として働きながらでも
最短、最速で結果を出すブログで稼ぐ方法を紹介していますので
興味があれば1度、下のレポードダウンロードリンクボタンをクリックしてみて下さい。