2020年問題がヤバすぎる!なくなる仕事と職業を知って今から備えよう!

wallpaper-robot-cute-illustration-02

「あと4年か・・・・・」

2020年には、今の労働環境が
ガラッと変わってしまうといわれています。

今回は、そんな労働環境が
2020年にはどのように変わるのかを調べてみました。

そもそも2020年問題とは?

日本は以前から少子高齢化がいわれていましたが
2020年には、ますますその流れが加速していき
団塊世代と呼ばれる方たちの高齢化と多死が起こり
すべての都市で人口が減少していくのが2020年です。

また、同時にバルブ世代と呼ばれる団塊ジュニア世代の人件費が
ピークになる年でもありますね。

他にも東京オリンピックの開催準備の為に
2020年までは、雇用が上がり続けるものの
オリンピック終了後には、また雇用環境が悪化するといわれたり
多くの労働環境の変化が予想されています。

なくなる仕事と職業を知って今から備えよう!

そんな中でも、特に大きな労働環境の変化は、

「ロボットに仕事を奪われる」

ということです。

「生き残る会社」と「なくなる会社」のリストはこちらから。

ここに書かれている仕事については
特にこれからなくなる可能性が高いといわれています。

個人的には、プログラマーなんかは生き残ると思ったのですが
書かれていることに意外でした。

ロボット化が進むからこそ、需要が大きくなると考えましたが
「プログラムをするロボットを使う」ので仕事がなくなってしまうようです。

そうなると、

「すべての仕事がいずれはロボット化してしまうので
どうしようもないじゃないか」

と思うかもしれませんが、
個人的にはまだまだロボットが普及するのは時間がかかると思っていますし
専門的な知識を要する仕事では、しばらく人間が行なうことになるのではと考えます。

ネットビジネスの世界でも、SNSの普及で

「ブログはもう終わった」
「メルマガとか古いんだよ」

とさんざんいわれ続けましたが、今もまだブログとメルマガを使うのが主流ですからね。

ただし、ネットビジネスにおいては
今後、ラインの方が普及する可能性はありますけどね。

まだまだ4年後先のことを具体的に考えるのは難しいと思いますが
もしも今の仕事に危機感を感じるなら
今から自分で稼ぐ方法を勉強することはいくらでもできます。

このブログでは、会社員として働きながらでも
最短、最速で結果を出すブログで稼ぐ方法を紹介していますので
興味があれば1度、下のレポードダウンロードリンクボタンをクリックしてみて下さい。