行動できない人の3つの特徴!理由と心理がわかればもう怖いと思わないよ!

o0640039913278836342

「行動できないのには、理由があったんです!」

頭では、わかっていてもなかなか行動できないで
結局、なにもしないままになっちゃうことってありますよね。

周りからは「怠け者」とかいわれることもありますが
実は行動できないのには、理由があったんです。

そこで今回は、そんな行動できない理由を書いていきます。

行動できない人の3つの特徴!

1:完璧主義者

行動できない人の特徴として
物事をなんでも完璧にしないと気が済まないというものがあります。

この手の人の頭の中では、

「1度、手をつけてしまったからには
最後までちゃんと責任持って、完璧にしないとダメなんだ」

と思ってしまうそうです。

たしかにいちいち何か物事を始めるときに
すべてを完璧にこなそうとすれば
いくら時間とエネルギーがあっても足りません。

特に現代社会では、質も大切ですが「スピード」
同時に求められているので、どこかで妥協をしないと
いつまでたっても完成をさせることができませんので
完璧主義者な人は、

「質は8割でいいので、まずは完成をさせる」

という考え方で物事に取り組んでみるくらいで丁度いいと思います。

2:最悪な結果ばかりを考えてしまう人

結果には「良い結果」と「悪い結果」の2つがあります。

行動できる人は、良い結果も悪い結果もなんとなく考える程度で
その後は、とにかく実際に手を動かし続けてみて
問題に直面するごとにその問題の解決法を模索します。

一方で行動できない人は、最悪な結果ばかりが思い浮かび
あらゆる問題を事前に想定してしまうばかりで
実際の行動には、なかなか取りかかりません。

僕自身は、どちらかといえばすぐに行動してしまうタイプなので
事前にそこまで準備ができる人は羨ましいとも思いますが
考えるだけでは、わからないこともあるので
ある程度の準備ができたら、手を動かした方がいいですね。

また、現実には行動できない人が想定するような
最悪の事態というものは、なかなか起こらないものだと思います。

元ライブドア社長のホリエモンも自身の著書で

「実際の世の中は、白でも黒でもないグレーのような世界」

というようなことを話していましたからね。

なので、行動できない人については
「まずは行動!」くらいで丁度いいと思います。

3:時間が無限にあると勘違いしている

日本に住んでいる僕たちは
なんとなく自分は日本人の平均寿命の80歳くらいまで
生きるんだろうなぁと思ってしまうことがあります。

そうなると20代や30代からしたら
時間は、ほぼ無限にあるように感じてしまって
物事を後回しにしまうことが多々あります。

でも、もしあなたが今
余生1週間だといわれたらどうでしょうか?

きっとあなたは、残りの1週間の間に
死ぬまでにやりたいことを必死で考えて実行すると思います。

少なくとも僕は、そうしますね。

だって、そうしないと絶対に後悔すると思うからです。

それくらいに「時間」というものをシビアに考えたら
きっと行動できない言い訳を考えている暇すらもなくなり
すぐに手を動かせるようになるはずです。

理由と心理がわかればもう怖いと思わないよ!

さて、ここまで「行動できない人の特徴」を書いてきましたが
結局、行動できない一番の原因としては「恐怖」だといわれています。

人間はだれしも新しいことに挑戦するときには
自然と抵抗をしてしまうものなんですが
人によって、その抵抗の大きさが異なります。

なのでもしもあなたが自分を行動できない人間だと思っているなら
自分は、抵抗が大きい人間だとまずは知って下さい。

そのうえで、上にも書いた特徴を踏まえて

「失うことを恐れない」

という考え方が持てれば、積極的に行動できるはずですので
ぜひ1度、試してみてくださいね。