社会人におすすめの3つの睡眠不足対策!年代別の理想と平均時間はこれだよ!

_21109779

「睡眠は大事です!」

社会人になると毎日、仕事に追われて
ときには睡眠時間を削ることも多々あります。

今回は、そんな忙しい社会人が
満足のいく睡眠をとる為の3つの睡眠不足対策を紹介します。

社会人におすすめの3つの睡眠不足対策!

以前に行われた「アイシン精機」による社会人の睡眠アンケートでは
日本の社会人の平均睡眠時間は、5~7時間程度だという結果が出ています。

数字だけを見ると思ったよりも充分に寝ていると思われますが
実は90%の人は、寝起きに不満を感じているそうです。

また、年齢別に理想の睡眠時間は次の数字だといわれています。

1~2歳: 11~14時間
3~5歳: 10~13時間
6~13歳: 9~11時間
14~17歳: 8~10時間
18~25歳: 7~9時間
26~64歳: 7~9時間
65歳以上: 7~8時間

理想の数字を参考にしてみても1日に7時間を寝ている人なら
充分に睡眠がとれているのにどうして寝起きが悪いのでしょうか。

おそらく1番の理由としては
社会人独特のストレスが原因で質の良い睡眠がとれず
寝起きが悪いんだと考えられます。

仕事のミスや職場の人間関係など社会人には
考え込んでしまうことはいくらでもありますからね。

そこでここからは、時間だけではなくて
睡眠の質にもこだわる為の方法を紹介しますので
参考にしてみてください。

1:規則正しい生活を心がける

睡眠不足に悩む社会人の意見として多いのが、

「ベッドに入ってもなかなか眠れない・・・」

というものがあります。

これは、頭ではもう眠りたいと思っているものの
体内時計では、まだ眠る時間でないと判断してしまい
結果的になかなか眠れないということです。

なので、理想をいえば、毎日決まった時間に
睡眠をとるようにすると体内時計も自然と認識して
時間をかけずに眠ることができるようになります。

ただし、そうはいっても繁忙期には残業もありますし
週末には飲み会に付き合わされてしまって
なかなか決まった時間に眠るのは難しいかもしれません。

そこで、そういった少し特別な日を除いた
通常日からまずは、体内時計を合わせていくことを
始めてみることをおすすめします。

2:運動をするようにする

社会人として働くようになると毎日が忙しくて
なかなか身体を動かすことがなくなります。

僕も中学生から大学生まで運動部に所属していましたが
就職してからは、仕事の疲れもあって
運動不足がちになってしまいましたので気持ちはわかります。

ですが、あるときからまたジムに通うようにしたところ
ほどよい汗もかけて、気持ちよく眠れるようになったんですね。

また、身体を動かすことで仕事の悩みやストレスを考えすぎないで
済んだことも大きいと思います。

なので、もしも仕事の悩みやストレスが原因でなかなか寝付けない人は
週に1度、1時間だけでもいいので身体を動かしてみるといいですよ。

3:お昼寝をしてみる

仕事や飲み会の付き合いで夜は眠れない人は
お昼寝をしてみてはいかがでしょうか。

お昼に睡眠をとることで食後の頭をリフレッシュする効果もあり
午後からの仕事にも気持ちを入れ替えて取り組めるといわれており
会社によっては「シエスタ」というお昼寝時間を
わざわざ設けているところまであると話題にもなりましたね。

また、このときの睡眠は椅子に座りながらの体勢での
20分程度の短い時間でも充分に効果がありますので
疲れたと思ったときにはぜひ、やってみてください。

さて、ここまで睡眠不足対策を紹介してきましたが
どうしても会社に雇われた立場のままでは
会社に時間を管理されてしまうので
毎日、理想の睡眠時間をとりつづけることは難しいでしょう。

なのでもしもあなたが今の睡眠時間のままではしんどいと思うなら
会社員以外の生き方を考えてみてはどうでしょうか。

このブログでは、会社員以外の生き方でも
最短、最速で結果を出すブログで稼ぐ方法を紹介していますので
興味があれば1度、下のレポードダウンロードリンクボタンをクリックしてみて下さい。