残業申請を上司が認めないという理由でサービスになることってありえるの?

裁量労働制のメリットや問題点%u3002残業代はどうなる?

「意外に知られてないみたいですね・・・」

先日、会社の後輩から
「残業申請を上司が認められず、削られていたんですが・・・」
という相談を受けました。

にわかに信じられない話ですが
実際はどうなのかを調べてみました。

残業申請を上司が認めないとかマジでありえるのか?

今はどこの会社でも経費削減の為
なるべく残業代を支払わないように
残業自体を削る傾向にあると聞きます。

しかし、そうはいっても現場では
常にイレギュラーが起こるものですし
僕の仕事でも急な人員不足が原因で残業せざるを得ないときがあります。

そのような残業が必要な場合には
当日の責任者の承諾の元で残業を行ない
業務終了後に申請書類への記入をするという決まりがありました。

しかし今回、僕に相談をしてきた後輩も
上の順序に従って残業申請を行なったのに
最終的には、上司の一存で申請が認められなかったそうです。

法律的には本当に支払わなくてもいいのか?

まずは結論からいいますと、

「タイムカードに勤務実績がある以上は
あなたがたとえ責任者の許可を得ていなくても
会社は残業代を支払う義務がある」

とのことです。

これは、厚生労働省の「総合労働相談コーナー」と呼ばれる
専門の相談員に電話相談ができるサービスで後輩が相談したときに受けた返答でした。

なので、法律的には上司の一存で残業申請時間を決めることなど
当然、できるわけはないんですね。

ですが、

会社員のつらいところとして
たとえ法律的には、後輩が正しいとしても実際に上司に向って

「労働基準監督署の職員に確認をして
法律的にあなたの言っていることは間違っているので
残業代をきちんと承認して下さい。」

ということは、なかなかできないですよね。

組織で働くということは、今後も関係を続ける必要もありますし
後々のことを考えれば、強気に出ることも難しいでしょう。

後輩もそのことがわかっていたので
今回の残業代のことについては結局、何も言わずに終わったようです。

ですが、その後輩は元々、長く今の会社にいる気はなく
むしろ今回のことで会社を早く辞めようという気持ちが
より強くなったと前向きにとらえていたのでまだよかったですね。

そして多分、今回の後輩のようなことって
サラリーマンとして働いていると同じ体験をしている人が
何人かはいると思うんです。

それでも耐えることができる人ならいいですが
中にはどうしても我慢ができない人もいますよね。

そういう人には、ぜひ今のうちから
会社をもしも辞めることになってしまっても
自分の力で稼げる能力を身につけておくことをおすすめします。

このブログでは、会社員として働きながらでも
最短、最速で結果を出すブログで稼ぐ方法を紹介していますので
興味があれば1度、下のレポードダウンロードリンクボタンをクリックしてみて下さい。