ブログの名前の決め方で迷っている人向け!3つのテンプレートを参考にしてみて!

名前

「僕も迷いました!」

先日、読者の方から
「ブログの名前ってどうやって決めればいいでしょうか?」
という質問をいただきました。

そこで今回は、今までに5つ以上のブログを運営してきた僕の体験
みんながどうやって決めているのかを調べていきます。

3つのテンプレートを参考にしてみて!

1:コンセプトを前面に出すやり方

まずは、あなたがそのブログで一番伝えたいことを
そのままブログの名前にするというやり方です。

たとえば、あなたがこれから作るブログで
もう既に読者に伝えたい内容が決まっているなら
それを前面に出すことにより、読者も

「このブログでは、こんな内容が書かれているんだろう」

と容易に想像がつくことから属性に合った読者を集められるので
運営者にとっても読者にとっても一番理想のブログになると思います。

王道中の王道ですが、個人的にも好きなやり方ですね。

2:名前やイニシャルを使うやり方

僕のこのブログでも現在は
「u(ユー)のネットビジネスの稼ぎ方」
というブログの名前にしており
u(ユー)という運営者情報を盛り込む形にしました。

このようなブログの名前にしたのは
「u(ユー)」という名前を少しでも覚えてもらいたいという目的からです。

特に情報発信をしている人のブログでは
比較的、よく見られる名前の付け方だという印象があり
やはり読者に少しでも自分を知ってもらいたいという理由が多少はあるんだと思いますね。

3:属性を売りにするやり方

ブログによっては
その運営者の「属性」が武器になることが多々あります。

たとえば、運営者が会社員でネットビジネスで
お金を稼ぐ力を身につけて脱サラを目指すというテーマの場合は、

「ブラック企業の社蓄がネットビジネスで脱サラまでの軌跡!」

とかのように、ブログの名前に

「ブラック企業」
「社蓄」
「脱サラ」

などのキーワードを盛り込むことでいずれかの単語に共感を覚えて
ピンとくる読者を集めやすくなるわけです。

やっぱり人間、自分と同じ環境の人には共感を覚えやすく
ついつい気になる単語があると見ちゃいますもんね。

ちなみにここで僕が運営してきたブログの名前について話しますと
今までのブログの大半がトレンドブログでもあったことから
正直、あんまり考えないで名前をつけてきました。

結局、トレンドブログの場合には記事のタイトルでアクセスを集めるものだし
特化ならまだしもごちゃまぜの場合には、なかなか読者をファン化することも
難しいと思うので、そこまで深刻に悩む必要はありませんでしたからね。

ですが、このブログのように情報発信を主たる目標にする場合は
少し手を止めて、考えてみてもいいと思います。

ブログの名前を変更したからSEO的に不利になるというのも
明確な根拠を見たことがないですが、なるべくならあまり変えない方が
固定の読者がついた場合には、いちいち探す手間が省けて助かりますからね。

なので、まずはそのブログの種類と目的を明らかにしてから
必要な場合には、じっくり考えてみてもいいと思いますよ。

そしてもしも、イマイチしっくりくる名前が決まらないときには
お問い合わせやスカイプなどで連絡いただければ
僕もご協力させてもらいますのでお気軽にご連絡くださいね!