公務員の人気の秘密は楽して稼げるからってマジ?会社員との違いを知っておこう!

write_20151110

「一番の違いは目的です!」

先日、某質問サイトで就活生が
民間か公務員への就職を迷っているという質問がありました。

そこで今回は、民間の会社員と公務員の違いを調べてみました。

会社員と公務員の大きな違いはこれ!

結論から話しますと
民間の会社員と公務員として働く場合には
そもそもの目的が違います。

会社員として働くということは
お金を稼ぐという「営利目的」が一番ですよね。

一方の公務員の目的は

「社会サービスの創生・維持」になります。

これは、社会全体として必要なものであるものの
民間企業では、採算が合わなくて
そのままだとサービスの存続ができない場合に
多少の赤字が発生しても国として維持し続けることなどをいいます。

もちろん。そうはいっても、公務員の予算は
国民から税金という形で納められているものであり
当然、上限もあるわけですから
なるべく無駄は省いてもらいたいと思うのが本音としてはありますよね。

公務員の人気の秘密は楽して稼げるからってマジ?

そんな公務員についてが最近の学生の中では
非常に人気が高い職業だといわれているようです。

バブル時代の人からしたら

「公務員なんか給料は低いのに不思議でしょうがない・・・」

などといわれていたそうですが
最近の経済状況から、

・安定
・待遇の良さ

を理由に求人倍率も年々、上昇しています。

たしかに民間の会社員と違って
公務員の場合には、国家が会社のようなものであり
倒産することは、なかなか考えられません。

また、特に公務員については
事件を起こしたりしない限りはクビになることも
ほとんどないと聞きますよね。

さらにいうと、国家に雇われていることから
福利厚生や労務条件も民間以上に期待ができることが
大きな理由のになっているんだと考えられます。

もっとも、公務員の労務条件については、職場によってピンきりであり
上限の予算額が決められている以上、サビ残が発生することも
充分にありえますのでそこは気をつけたほうがいいとは思います。

そして、そんな福利厚生の良さと労務条件で
公務員を選択するという人は、僕はもう1度、考え直してみることをおすすめします。

もちろん。それらも重要な要素ではあると思いますが
もしも本当に楽して稼ぎたいなら公務員にはならない方がいいでしょう。

というのも、公務員の場合には、

法律で副業が禁止されているからなんです。

会社員も一部の企業を除けば
まだまだ多くの会社が社則で副業を禁止していますが
あくまで社則であり、それを理由に解雇できないのは判例からも明らかです。

そのうえで、会社員として働きながら
まずはお小遣い稼ぎ程度でもいいので副業を始めて
徐々に稼げる金額を大きくしてから、稼げる仕組みつくりをすることこそが
結果として、楽して稼ぐという方法に着実に近づくことになるのではないでしょうか。

もちろん。副業といえども仕組みを作るまでは
それなりの時間とエネルギーが必要にはなります。

しかし、それでもその仕組みさえ作ることができれば
人に雇われる必要もなく、生活していくことは充分に可能ですからね。

そしてこのブログでは、会社員として働きながらでも
最短、最速で結果を出すブログで稼ぐ方法を紹介していますので
興味があれば1度、下のレポードダウンロードリンクボタンをクリックしてみて下さい。