新社会人1年目の時計の値段はいくら位?オススメブランドも!

これから新社会人として働く学生にとっては
始めて社会に出るということで沢山の不安があると思います。

 

そしてその1つに「社会人に相応しい腕時計をつけているのか?」
というのもその1つ。

 

僕自身は就活のときに

・スーツ
・カバン
・靴

は持っていたのですが時計を持っていませんでした。

 

そこで入社前に「時計を買おう!」と思ったのですが
「どれくらいの値段のどんなデザインの時計を買えばいいのか」
で悩んだ経験をしています。

 

ですので「これから新社会人として相応しい時計を買いたい」
と考えている人は記事を読んで時計を購入する際に役立ててもらいたいです。

 

時計の値段はいくら位?

 

まず最初に気になるのが値段ですよね。

 

新社会人がつける時計の平均の値段はいくらなんでしょうか。

 

そこで早速グーグル先生で調べてみましたが
残念ながら目ぼしい情報は見つかりませんでした。

 

というのも、腕時計はブランドによって値段がピンきりなんですね。

 

また、外回りの銀行員などはお金を預かる仕事であり、
時計も人から見られる機会が多いという理由から10万円の
腕時計を薦める声も見つかりました。

 

「営業職は身につけている物を見られる」といわれますが
1年目で10万円の時計とは凄い世界ですね。

 

ちなみに僕の職場の上司で10万円の時計をつけている人を
見たことはありません(笑)

 

僕が入社のときにつけていた時計はたまたま近くのハードオフで
購入した2万円の「TK」というブランドの腕時計でした。

 

「TK」は服のブランドで有名なので知っている人もいるかもしれません。

 

 僕は元々、「TK」ブランドが好きなので本当に運がよかったですね。

 

デザイン的にも満足していますし、ハンカチ王子として有名な
斉藤祐樹投手もつけていると知って周囲に自慢してました(笑)

 

こちらのサイトでは2013年に行われた
「社会人は、職場にいくらの腕時計を着けていってる?」
というアンケート結果があります。

 

アンケート結果はこちらから見ることができます。

 

これを見ると1万円~3万円が20.6%と1位であり、
最も高いことがわかりますね。

 

あと気になったのが「腕時計は付けない」という意見が
34%もあるということです。

 

3人に1人は腕時計をつけないということになりますね。

 

確かに最近では携帯を時計代わりに使えば済むので
時計は必要ないという声も聞きます。

 

ということで、腕時計を購入するのなら1万円~3万円以内か
敢えて時計をつけないという選択が多いみたいですね。

 

時計のオススメブランドは?

 

値段の次に悩むのが「ブランド」です。

 

腕時計と一言でいっても本当に多くのデザインの時計があり、
「これって本当に時計なの?」なんて物もありますらかね(笑)

 

あくまでも社会人に相応しい時計ということで、

・派手過ぎないデザイン
・時間が見やすい

を抑える必要があります。

 

あとは適度な有名ブランドの時計ならば問題ないでしょう。

 

そこでここでは上記にある通りに適度な有名ブランドの
腕時計を紹介していきます。

 

・SKAGEN(スカーゲン)平均約20,000円

1989年にデンマークで設立されたブランドです。ブランドコンセプトは
「デザインの美しさと品質の高さは必ずしも高価である必要はない」

・Calvin Kline(カルバンクライン)平均約30,000円

アメリカントラディショナルをベースにした機能的でマスキュリンな
シンプルデザインが特徴。

・Paul smith(ポールスミス)平均約50,000円

イギリス発のファッションブランド。ひねりを加えた遊び心のあるクラシック。
伝統的な技術と仕立てを継承し、高級感のあるモダンなスタイルを提案する。

・Hamilton(ハミルトン)平均約100,000円

アメリカ発祥で、現在はスイスのスウォッチ・グループ傘下の時計メーカーである。
生産モデルは女性用宝飾腕時計からミリタリー風の男性用腕時計まで幅広い。

(参考:http://matome.naver.jp/odai/2141741081930725201?page=2

となります。

 

いずれも有名ブランドとして1度は名前を聞いたことはあるでしょう。

まとめ

・値段は1~3万円以内が妥当。
・敢えてつけないというのもあり。
・ブランドは適度に有名ブランドでいい。

となりましたので是非、参考にしてみてくださいね。