アウトプットが苦手でもインプットは得意?

先日、メルマガ読者の方からこんなご意見をいただきました。

 

「商材を買って読むところまではいいんですけど、
実際に作業をしようとするとやる気が出なくて・・・・」

 

その話を聞いて僕は「きっとこの方はインプットはできても
アウトプットが
苦手な人なんだろうなぁ」と思いました。

 

そして本人も気づかないうちにまた別の商材を買い続ける
ループにはまっているんでしょう。

 

これはいわゆる「ノウハウコレクター」と呼ばれるものですね。

 

そういった人がその状態から脱する為に最初に考えることは
商材をなぜ買ったのかという理由を思い出すことです。

 

それが趣味の読書とかならば問題はないのですが多くの人が
商材を買った理由はずばり儲ける為でしょう。

 

ですのでまずは最初の目的を忘れないことが重要なんですね。

 

アウトプットが多いほうがインプットも伸びる?

 

僕が現在ネットビジネスに取り組む際の姿勢としては、

アウトプット:インプット=8:2

の割合で望んでいます。

 

どうしてでしょうか?

 

それは結果的にアウトプットを多めにした方がインプットも
効率が
良くなると考えているからですね。

 

例えばトレンドアフィリエイトで話をしてみると、まず最初に
トレンドの商材を読んで実際に記事を作っていきます。

 

しかし始めての段階では商材に書いてあることをそのまま
やるだけでもなかなか思うようにできないはずです。

 

それは理解したつもりが知識が抜けてしまったり、ときには
商材に書いてないことにぶつかったりもするからですね。

 

そんなときにはもう1度商材を読み返したり、別の知識を
調べたりして結果的にインプットも行ないます。

 

上記のようにアウトプットを通じて結果的にインプットも
しなくてはいけなくなるんですね。

 

ですので、まずは必要最低限な知識さえ手にしたならば
あとはひたすら実践していくべきだと思います。

 

そしてインプットとアウトプットを繰り返すことでより
実践的なノウハウを習得できるんです。

 

これは高学歴と呼ばれている人たちが受験勉強では
「最初に過去問からやれ!」ということにも通じています。

 

「問題を解く為にはどんな知識が必要なのか」ということを
把握してからインプットした方が効率が良いんですね。

 

まとめ

 

・インプットの目的を思い出そう
・アウトプットを多めにしよう
・アウトプットをすれば結果的にインプットも伸びる

 

アウトプットが苦手でもインプットが得意だという人を
僕は羨ましく思えます。

 

僕の場合は逆にインプットが苦手なのでアウトプットを
多くして体で覚えた方が早いので行動をしている部分も
ありますからね(笑)

 

ですので、アウトプットが苦手で悩んでいる人も最初は
大変かもしれませんがまずは少しでも手を動かすことを
意識していけばきっと結果を出せるはずです。