新入社員一年目が毎日仕事を辞めたいと思う理由ってなに?

会社員として働いていてふと
「あ~。会社を辞めたいな~」
なんて考えることはありませんか?

 

ちなみに僕はよくあります(笑)

 

特に新入社員として会社に大きな希望を持って
入社した人ほど現実を見て悩むのではと思います。

 

そこで今回は新入社員が会社を辞めたい理由を
僕なりに考えてみました。

 

新入社員が辞めたいと思う理由は?

 

僕が実際に新入社員一年目で辞めたいと思った理由は、

・労働環境
・仕事への興味・関心
・将来への不安

の3つでした。

 

1つずつ解説していきますと、

 

労働環境

 

まず辞めたいと思った理由を挙げるならこの労働環境」です。

 

学生時代の僕は会社説明会の「1日の就業モデル」の説明を
真に受けて完全に信じきっていました。

 

甘かったですね(笑)

 

モデルでは8時間労働で定時には上がると話しています。

 

しかし実際の仕事の初日から普通に定時は過ぎていました。

 

既にこの時点で「おやおや?」と思っていましたが新人の
僕への業務説明で遅れているのかもしれないと解釈します。

 

ただ、少し不安な気持ちもあったので年齢が近い先輩社員に
「これって残業代は出るんですかね~?」と軽い感じで聞きました。

 

そこで先輩は真顔で、

「え?出ないよ?」

とさも当然のように言い放ちます。

 

「ええええええええええええええええええええええ」

 

その日以降の勤務で先輩社員達が定時を超えても当然の如く
残業をしている姿を見て、僕は自分の予想とは違う労働環境に
あることを悟ります。

 

そしてこのままではいけないと本気で感じましたね。

 

仕事への興味・関心

 

2つ目は「仕事への興味・関心」です。

 

いわゆる「やりがい」というものでしょうか。

 

元々、今の仕事は学生時代のアルバイト経験もあったことから
志望をしました。

 

しかし当たり前の話しなんですが社員とアルバイトでは業務に
接している時間が違うんですよね。

 

アルバイト時代は週に15時間程度でしたが社員は最低でも
40時間は接します。

 

そこで気づきました。

 

やはり仕事は自分が好きなことや興味があることをするべきだと。

 

少なくとも仕事になにかしらの楽しみを見出せないのならば
それはただの作業でしかないと思います。

 

そして人はただ作業をすることに想像以上のストレスを感じるんですね。

 

将来への不安

 

今の時代はどんな一流会社に勤めていても将来への不安を
感じるものかもしれませんね。

 

それは僕も同意します。

 

むしろ適度に不安を持つ位の方が長く生き延びる為には
必要なのではとも思っています。

 

しかし、入社して実際に働いている先輩の姿を見て感じる
将来への不安というものは少し違うのではないでしょうか。

 

そして聞かされる限られた昇進ポストへの席を争うことの
熾烈さ。

 

そういったことを踏まえた上でも「逆境こそ燃えます!」
といえる人はそのまま頑張ればいいでしょう。

 

ですが僕は上記の2つの要因を抱えた状態では
とてもじゃないが上へといける気はしませんでした。

 

まとめ

 

・僕が考える新入社員の辞めたいと思う理由は、

・労働環境
・仕事への興味・関心
・将来への不安

 

どうでしょう。あなたが新入社員時代に考えていた理由と
一致するものはあったでしょうか?

 

人それぞれに辞めたい理由はあるでしょう。

 

ですが経済的な不安もあることから簡単に仕事を変えれず
結局は我慢をして働き続けている人が多いと思います。

 

しかし、もし経済的不安が解決されたとしたらそのまま
我慢をして会社にい続ける必要もなくりますよね。

 

僕はその経済的不安を解決する方法はネットビジネスが
一番だと考えています。

 

ネットビジネスなら在職中にリスクなしでできますからね。

 

ですので辞めたいと考えながらも具体的な行動をとることが
出来ていないという人はまずは始めてみることをオススメします。

 

追伸

 

多くの人が仕事を辞めたいと思う大きな理由の1つに
「人間関係」があります。

 

今回ここに挙げなかったのは実は僕自身が今までに
人間関係が理由で辞めたいと思ったことがないからでした。

 

ですので敢えて「人間関係」について書きませんでしたが
次回はその辺も注目して記事を書いていこうとも思います。