ネットビジネスにおけるメンターの意味とは?

ネットビジネスの世界では頻繁にこの「メンター」
という言葉が使われていますね。

 

僕自身もこの「メンター」という言葉は聞いたことは
ありましたが、イマイチ意味がわかりませんでした。

 

そこで今回はメンターについてを話していきます。

 

メンターの意味とは?

 

ところであなたは「メンター」という言葉の意味を
ご存知ですか?

 

このメンターという言葉の意味を調べてみますと、

 

「メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。

メンター制度とは、企業において、新入社員などの精神的なサポートを
するために、専任者をもうける制度のことで、日本におけるOJT制度が
元になっている。

メンターは、キャリア形成をはじめ生活上のさまざまな悩み相談を受けながら、
育成にあたる。  」

 

(引用元:コトバンクより

 

ということでメンターはどうやらビジネスにおける先生や師匠
いえる人みたいですね。

 

メンターについてをグーグル検索で調べてみるとコンサル会社の
サイトが出てきたりします。

 

コンサル会社のように高級な仕事場では平然と使われているかも
しれませんね。

 

ちなみに僕の職場では今まで一度も聞いたことはありません(笑)

 

ネットビジネスにおけるメンターとは?

 

そんなメンターという言葉はネットビジネスの世界でも使われます。

 

僕の実体験としましてはネットビジネスの世界での意味は上記にある
意味合いと大体同じでしょう。

 

ただ少し思うのはネットビジネスにおけるメンターは先輩・上司という
立場よりは「コンサルタント」という感じが近いかもしれませんね。

 

まとめ

 

・メンターとは業務的にも精神的にも頼りにする存在
・リアルでもネットでも大きな違いはない

 

実は僕は今までにネットビジネスだけで6人のメンターの方に
教えを受けていた経験があります。

 

ですので、次回は僕の実体験を踏まえてメンターについての
意見も書いていこうと思いますので楽しみにしていてください。