メルぞうの無料レポートの審査基準と落ちた理由まとめ

 

メルマガ読者を集める為には無料レポートスタンドを
利用する方法が有力だといわれています。

 

そんな無料レポート投稿スタンドの中でも大手として
有名な「メルぞう」を始めて利用しました。

 

今回はそのときの僕の実体験を交えながらメルぞうの
「レポート審査基準」についてを書いてきます。

 

作者情報を記載する

 

レポートを発行したのが本人かどうかを確認する目的から
発行者情報の記載が求められます。

 

ここではあなたの本名ではなくてネット上で使用している
ハンドルネームで問題ありません。

 

例:作者:u(ユー)

 

メルアドを記載する

 

こちらはあなたの連絡先のメールアドレスを記載すれば
結構です。

 

フリーで習得ができるgメールでも可能ですので個人的に
gメールをオススメします。

 

例:〇〇〇@gmil.com

 

メルマガは内容を一致させて記載する

 

「メルアド」とは異なり、あなたが事前登録したメルマガの
urlかメルマガ名を書きます。

 

ここで気をつけることはメルぞうに登録しているメルマガと
同じ内容を記載することです。

 

過去には一致しなかったという理由から審査に落ちたという
報告もありますので気をつけましょう。

 

例:uのアドセンス講座

 

ブログを記載する

 

これは「作者の連絡先を伝える」という目的の為であり
レポートからでもアクセスも望めるかもしれませんので
書いて置いた方がお得ですね。

 

例:uのネットビジネスブログ

 

人物画像を使用しない

 

レポートでは著作権の問題上、人物画像の利用を
禁止されています。

 

仮に掲載画像があなた本人だったとしても審査に
引っかかる可能性があるので避けた方が無難です。

 

リンク切れがない

 

メルぞうではリンク切れがあるレポートは落とされる
傾向があると報告されています。

 

レポートでリンクを用いる場合には念には念を入れて
審査依頼前にもう1度、確認しましょう。

 

限定感を強調しない

 

「〇〇日限定!!」「〇〇人で完全締め切りです!」
などといった限定感を用いると審査に落ちてしまうと
報告がされています。

 

これは「限定」という言葉を用いなくても「限定感」で
引っかかるということなので注意する必要があります。

 

個人情報は載せない

 

レポートには連絡先や発行者情報を記載する必要は
ありますが、個人情報は載せてはいけません。

 

あくまでもメルアドやハンドルネームまでであって
本人情報でもやめておきましょう。

 

アダルト系は厳禁

 

メルぞうではアダルト系のレポートを掲載できません。

 

残念ながら、このジャンルに関してはメルぞうからの
集客を諦める必要があります。

 

PDFファイル名は半角英数字で記載

 

PDFファイル名は日本語ではなくて半角英数字で
記載します。

 

例:トレンドPDF→trend-PDF

 

まとめ

 

・作者情報を記載する
・メルアドを記載する
・メルマガは内容を一致させて記載する
・ブログを記載する
・人物画像を使用しない
・リンク切れがない
・限定感を強調しない
・個人情報は載せない
・アダルト系は厳禁
・PDFファイル名は半角英数字で記載

 

たくさんあり不安に思われるかもしれませんが
始めての人でも通過をしている人もいますので
安心してください。

 

そして仮にレポートが審査に落ちてしまっても
もう1度、審査基準を確認すれば通るはずです。

 

ですので、諦めずに投稿し続けましょう。