大学生の暇な夏休み期間に絶対にやるべき3つのこととは一体何?

 

「大学生の時にやっておけば良かった!!!」

 

学生のときにはなんだかんだ毎日を忙しく感じて
暇なんかないと思いがちですが社会人になると多くの人が上記のように思うくらいに就職をすると
自分の時間が持てなくなるといわれます。

 

そこで今回は大学生の夏休みにやるべきことを
既に大学を卒業した自分から当時の学生時代の
自分にアドバイスしたい事を書いていきます。

 

夏休み期間に絶対にやるべき3つのこととは?

 

大学生の夏休みは「人生の夏休み」と
言われるほどに長いです。

 

学校によって期間も違うと思いますが
僕の場合は約2ヶ月ほどでした。

 

2ヶ月。。。。働いてからだと信じられない^^;

 

そんな長い夏休み期間中にオススメのやるべきことは、

 

・国内・海外旅行
・たくさんの人に出会う
・勉強

 

となります。

 

 

国内・海外旅行

 

僕は現在、20代後半で東京在住ですが
この年になるまでほとんど関東から出たことがありません。

 

というのも今まではあまり関東から出る必要を
感じなかったからですね。

 

ですが最近は

 

「中国の三国志縁の地を見てみたい」

 

と思う様になりました。

 

僕は中学生の時から横山光輝の三国志が好きで
一度は中国に行きたいと思っており、特に諸葛亮が
没したといわれている五丈原には興味がありますね!

 

・たくさんの人に出会う

 

社会人になれば仕事の付き合いから嫌でも多くの人に
出会う事になると思っていました。

 

ですが仕事によっては同じ会社の人間としか顔を会わせる必要も
なくなるんですよね。

 

そうした環境では自宅と会社の往復だけで新しく人に出会う機会もありません。

 

しかし大学生ではサークル・講義・趣味などを通じて
様々な人に出会うことも出来ますのでぜひ積極的に
話しかけてみることいいですよ。

 

勉強

 

よく「学生時代に勉強しておけば良かった!」
という言葉を聞きます。

 

ここでいう「勉強」には色々な意味があり、

 

・就職活動の為に勉強をして成績を上げておけば良かった
・将来の仕事の勉強をしておけば良かった
(ITとか工業・研究職なんかは特にそうですね)

ということを指していると思います。

 

これは僕も今、凄く実感していますね。

 

僕は現在、会社員として働きながらネットビジネスをしていますが
「もし学生時代にネットビジネスでもっと取り組むことができれば・・・」
と思っています。

 

ネットビジネスは年齢関係なく、やり方次第で会社員では
想像できないくらいに稼ぐことも可能なのでアルバイトを
やるくらいでしたら専念すべきでした。

 

 

ですがこれらは1度、実際にフルタイムで働いてみないと
わからないことがあることも事実です。

 

もしもあなたがただ漠然と貴重な大学生の夏休みの時間を
使っているのでしたらぜ「人生戦略」を考えた上で有意義な
時間を過ごしてみる事をオススメします!