トレンドアフィリエイトの事件ネタで気をつける3つのポイントとは?

 

トレンドアフィリエイトを効率的に運営する為には
まずブログを軌道に乗せる必要があります。

 

そこでオススメなのが事件ネタです。

 

事件ネタは芸能ネタなどと比べて
圧倒的にライバルが少ないことから
初期ブログでも爆発を狙えます。

 

しかし事件ネタを扱う際には
絶対に知らないといけないポイントがあります。

 

今回はそんな3つのポイントを解説していきます。

 

事件ネタで気をつける3つのポイントとは?

 

事件ネタは初期ブログでも爆発を起こしやすく
実際に僕も作成3日目のブログで7000PVを超えました。

 

そうしたことから事件ネタをオススメしているのですが
扱いを間違えると非常に危険です。

 

トレンドアフィリエイトでは主にグーグルアドセンスを
利用して収益化を目指しますがアドセンスは規約が
他の広告に比べて厳しいといわれています。

 

そんなグーグルアドセンスの規約には、

 

fsd

 

と記載されています。

 

事件ネタではこのポリシーに抵触する可能性があり
過去にはアドセンスペナルティを受けている人もいました。

 

「そんな危ないネタ扱えないじゃないか!!」

と思われるかもしれませんがこれから紹介するポイントを
抑えてもらえればペナルティリスクをグッと下げられるので
ぜひ覚えておいて下さいね。

 

1:1日のPVが1000を超えたら要注意!

 

事件ネタでまず気をつけることは
1日のPV数です。

 

もしもあなたのブログのPV数が1日1000を
越えるでしたら事件ネタの扱いは控えたほうがいいでしょう。

 

というのも恐らく事件ネタは人の目によって判断されており
1000PVを超えるようになるとそれなりに人目を意識する必要があります。

 

特に事件ネタなどでは「読者が不快になる可能性もある」ので
あなたのブログを快く思わない人も出てくると思います。

 

必ずしも1000PVまでは大丈夫というわけではありませんが
僕の今までの1年のトレンドブログ運営の経験から
だいたい1000PVを基準に考えてみるといいですね。

 

2:記事は長くても3日以内に削除!

 

これも1と同様で事件ネタを削除せずに残しておくと
いつポリシー違反になる可能性があるかわからないので
記事は長くても3日以内に削除する事を推奨しています。

 

特に事件ネタは瞬間的な爆発は期待できますが
長期的に検索されることはほとんどないと思って結構ですので
アクセスが集まらなかった記事はドンドン削除するべきだと思います。

 

3:キーワード選定は慎重に!

 

事件ネタでは「死亡」「殺害」などといった
キーワードをついつい使いそうになります。

 

ですがこれらのキーワードは明らかに暴力的な表現に
引っかかる為に細心の注意を払う必要がありますね。

 

必ずしも上記のようなキーワードでなくても
検索されますのでタイトル決定の際には気をつけましょう!