社会人におすすめの副業と在宅アルバイトを紹介します

 

top-image

 

、この先も会社の給料だけでやっていけるのかな?」

 

社会人として働いている人ならば
誰もが1度は考えたことがある悩みですよね。

 

ちなみに僕の答えとしては
「会社からの給料だけに依存するのはめっちゃ怖い・・・」です。

 

 

そこで今回は僕と同じように「会社からの給料のみでは将来が不安」
だと考えている人に社会人の副業事情を伝えていきます。

 

社会人の副業の種類とは?

 

OOK58_kokosugokuyokuderutokoro-e1438319919584

 

まずは社会人の代表的な副業の種類をいくつか紹介していきます。

 

アルバイト

 

学生時代にバイト経験がある人も多く、始めるハードルは低い。

基本的に肉体労働が主になるため、本業に影響が出やすくなります。

本職に影響が出てしまった場合には、解雇や減給などの可能性もあり
バランスがとても重要になります

 

アフィリエイト

 

好きな分野のサイトを立ち上げれば、楽しみながらできる。週末暇を
見つけてする程度でも、コツさえつかめば月10万円くらい稼ぐことも
難しくありません

無料ブログを使えば、まったくのノーリスクで始めれるため、
サラリーマンだけではなく主婦やOL、高校生などにも人気です。

 

せどり

 

最近では、古本や中古CDを購入して転売して利ザヤを稼ぐことを指しています。

 

FX

 

アフィリエイトのように無料でできるものとは違い、最初に30万円ほど
資金が必要になるのと、大半の人が1年以内に市場から去るといわれており、
稼げるかどうかが非常に難しいものとなっています。

 

(参考:naverまとめ

 

1度は「社会人 副業」と検索した経験がある人なら
いずれも見たことがある仕事内容だと思います。

 

ちなみこの中で最も手っ取り早く始められるとしたら
「アルバイト」が断然いいですね。

 

もしもあなたが学生時代にアルバイトをしていた場合は
そのときの経験を活かしてすぐに仕事も見つかるでしょう。

 

すが、僕は副業でアルバイトをするくらいならば
副業なんかしないで本業の仕事に専念することをおすすめします。

 

アルバイトを副業におすすめしない理由

 

N112_cyekusuru_1-thumb-815xauto-14457

 

僕が副業にアルバイトをおすすめをしない理由は
ずばり疲れるからです。

 

「は?副業なんかどれでも疲れるだろうが!?」
と思われるかもしれませんね。

 

確かにアルバイト以外の「アフィリエイト」「せどり」
会社の仕事を終えた後にするとしたら物凄く疲れます。

 

ですが「アルバイト」とその他の副業では
「収益性」と「自動化」という2点で違ってきます。

 

例えば僕の場合

 

僕の場合は副業で取り組んでいたアフィリエイトの収入が
月の作業時間が5時間でも月収16万円を手にしました。

 

また最近では会社員としての給料以外に
インターネットからの収入のみで月収52万円を稼いでいます。

 

52万円を稼いだときには
「僕が会社員としてこの金額を稼ぐにはあと何年かかるのか?
ていうか、稼げる日がくるのだろうか?」なんて思いましたね(笑)

 

僕が副業にネットビジネスをおすすめする理由

 

MAX87_asokoyottekouze20140531-thumb-815xauto-17157

 

ネットビジネスをおすすめするのに以下の3つの理由があります。

 

1:圧倒的な収益性

 

ネットビジネスの世界では「月収100万円稼ぎました!」
という言葉が当たり前のように飛び交っています。

 

でもこれって落ち着いて考えたら明らかに異常ですよね(笑)

 

リアルで月収100万円の人は日本にどれくらいいるのでしょう?

 

少なくとも僕のリアルの知り合いと話をしていて
「今月は100万しかかせげなかったわーwww」
なんて話を僕は今までに一度もしたことがありませんね^^:

 

しかしネットの世界では当然のようにいわれている
「月収100万円」は決して嘘ではありません。

 

それくらいにネットビジネスとは収益性が高くて
実際にブログの「ブ」の字すら知らなかった僕が
月収50万円までは達成できましたからね。

 

2:お金を稼ぎ続ける自動化システム

 

僕が始めてネットビジネスで月収10万円を稼げたのは
ブログ開設から4ヶ月目でした。

 

翌月には16万円、2ヵ月後には月収20万円と稼ぎます。

 

ちなみにその翌月の作業時間はわずか5時間でしたが
月収16万円という結果でした。

 

ネットビジネスでは作業にかかる労力が常に一定ではなくて
このように1度、儲けるシステムさえ構築することができれば
あとはメンテナンスくらいでもある程度の収益を生み出すことは可能です。

 

アルバイトとネットビジネスのメリットとデメリット

 

images

 

前章ではネットビジネスのメリットを伝えてきました。

 

ここでもう1度、アルバイトとネットビジネスの
それぞれのメリットとデメリットを比べてみたいと思います。

 

アルバイト

 

メリット:

 

・確実に決まったお金を稼げる

 

デメリット:

 

・肉体作業が多いので身体的に疲れる
・稼げる上限金額が決まっており、ある程度の金額しか稼げない

 

ネットビジネス

 

メリット:

 

・在宅ワークができる
・PCを使った作業が多いので肉体的には楽
・本業以上に稼げる可能性がある
・自動化することができる

 

デメリット:

 

・収入が不確実
・覚えるノウハウ・知識が必要

 

ちらを選択するか?

 

ここまで「社会人の副業にはネットビジネスがおすすめ!」
と話してきましたが中にはアルバイトの方が向いている人もいると思います。

 

「PCとかはよくわからないし苦手なんだよね・・・・」
「副業として始めたのに全然稼げないじゃないか・・・・」

 

などといった不安もありますからね。

 

でもひょっとしたら、

 

「ネットビジネスが自分に向いていた!」
「思ったよりも稼げてしまった!」

 

という人もいるかもしれません。

 

僕がネットビジネスを始めたときは完全に後者のタイプであり
まさか今でもネットビジネスをしているなんて当時は全然思いませんでした(笑)

 

そういう経験をしていることもあり
まずは1度、とりあえずやってみることをおすすめしています。

 

そのうえで「自分にはやっぱり無理だった・・・」と考えたのなら
あなたの判断を尊重するべきだと思いますからね。

 

まとめ

 

副業には「アルバイト」の肉体労働型と「ネットビジネス」の頭脳労働型の2種類がある。

 

僕は肉体労働型の副業をするくらいなら本業に専念した方がいいと思う。

 

なので副業をするならば「収益性」と「自動化」の2つに優れているネットビジネス。

 

まずは1度、試しにやってみてからダメそうだと思ったら
ネットビジネス以外の副業をすることをおすすめします!